スポーツ外傷・障害

 

スポーツで以下のような悩みを抱えておりませんか?

☑ 練習中も膝が痛くて思うように練習ができない。

☑ 練習後に関節がジンジン痛くて辛い。

☑ 練習や試合前にテーピングなどで固定してほしい。

☑ ずっとケガで悩まされているのでどうにか解決したい。

☑ 早期に練習や試合に復帰したい。

☑ プロ選手などが実際に行っている治療で改善したい。

 

スポーツによって起こるケガはスポーツ外傷とスポーツ障害の2つに分かれます。

スポーツ外傷とは・・・スポーツ活動中、身体に急な1回の大きな外力が加わり起こるケガを「スポーツ外傷」と言います。
例) 足首の捻挫、太ももの肉離れ、手首の骨折、肩の脱臼、腰の打撲 など・・・。

 

施術法

1.外傷の症状

患部の押した時の痛み、腫れの具合、熱感、動かした時の痛み、内出血の有無などにより処置を行います。

 

2.RICE処置と同時に微弱電流を流します。

微弱電流とは無痛無感の特殊電気治療器で自然治癒力を高めるものです。

ヒトの体には生体電流という電流が絶えず流れていて、ケガを負ってしまった時には周囲に微弱な電流が集まって細胞を修復させる働きをしています。この仕組みを応用して微弱電流を集中的に流すことによって、自然治癒力を高めることができるようになったのです。

ケガの治りを早める効果があるため、多くのプロスポーツ選手も使用しています。

 

3.患部を固定します。

・骨折の疑いの場合や重度の捻挫の場合→ギプス固定(取り外しができるもの)

・軽度や中等度の捻挫等→包帯固定、テーピング固定 

 

4.骨折の疑いの場合は紹介状を書きます。

提携している整形外科にて受診、レントゲン写真を撮ってもらいます。

 

5.軽度や中等度の捻挫等の場合は処置し、患部の機能が改善するまでしっかりと施術させていただきます。

患部をかばっていると身体のバランスが悪くなるため調整(DRT)も行います。

 

スポーツ障害とは・・・スポーツ活動中の繰り返しの運動負荷によって身体の特定部位(骨、筋肉、靱帯)が酷使されることによって起こるものや、使い過ぎにより起こるものがあります。これをを「スポーツ障害」と言います。

 

例) 腰痛、分離症、椎間板ヘルニア、オスグット病、シンスプリント、テニス肘、野球肘、鵞足炎、アキレス腱周囲炎、野球肩、足底腱膜炎、ジャンパーズニー(膝蓋靭帯炎)

 

施術法

1.障害の患部の状態を診ます(患部の押した時の痛み、腫れの具合、熱感、動かした時の痛み、ストレステストなど)

2.障害の部位を特定し、なぜその部位に障害が出ているのか全身の検査をします。

3.障害の部位の黒幕に対して、全身調整や電気治療(ハイボルテージ療法、超音波療法など)を行います。

超音波とは1秒間に100~300万回の機械的振動を与えカラダの深部約最大6㎝まで到達し徒手療法では届かない筋肉の奥深くにまでアプローチできる温熱マッサージです。急性期~慢性期の症状にも効果があります。

 

☑ ケガ(骨折、捻挫、打撲等)の早期改善

☑ 関節可動域の向上

☑ 肩、腰、膝などの痛みの改善

 

ハイボルテージとは、高電圧電流を流すことにより皮膚抵抗(ビリビリ感)を減らし電気刺激を深部まで到達させことにより鎮痛効果や筋収縮効果を発揮します。

 

☑ ケガ(骨折、捻挫、打撲等)の早期改善

☑ 肩、腰、膝などの痛みの改善

☑ 深層部の筋肉を緩める効果

 

3.痛めた患部を無意識にかばう傾向があるかたは全身調整(DRT)を行います。

 

4.ケガを予防したいなどの時はKTテープPROをします。

KTテープPROとはキネシオロジーテープであり従来のテープよりも伸縮性があり筋肉と同じように伸縮する特徴があります。さらに弾力性が高く耐久性に優れています。合成繊維で出来ており耐水性が高く、長期間貼り続けることが出来ます。

固定せずに筋肉や、靭帯、腱の機能をサポートします。一流アスリートも愛用している人気のテープ。

 

テーピングの素材の違いによって大きな違いが起きる

☑ 筋肉が疲れにくい

☑ 関節の衝撃を守る

☑ 動きやすくなる

☑ 長時間機能する

☑ 水に濡れても大丈夫

 

KTテープPRO目的と効果

☑ 傷害の発生予防:テーピングにより関節可動域や運動機能をできるだけ制限しないで、関節や筋肉への過度なストレスを防ぐ。

☑ 再発予防:損傷部位にKTテープを巻くことで保護・補強し再発予防。

☑ 痛みの軽減:関節や筋肉の負担を軽減して痛みを和らげる。

☑ パフォーマンスの向上:痛みや疲労の軽減、関節や筋肉の補強により、パフォーマンスが維持され、向上する。

☑メンタルサポート(安心感):再びケガをする不安が和らぎ、安心感が生じ集中力が高まる。

 

5.スポーツ復帰まで責任もって対応致します。

 

外傷(ケガ)の時の応急処置⇒RICE処置

スポーツの現場で「ケガ」人が出たとき、病院や診療所にかかるまでの間、痛めた部位を最小限にとどめるために行う方法を「応急処置(RICE 処置)」といいます。

この処置をして患部が治るものではありせんが、適切に行われないと治るのも時間がかかります。あくまでも応急処置です。これを適切に行うことによって早期に改善します。

 

R・・・Rest(レスト) 安静

受傷直後から体内で痛めた部位の修復作業が始まります。しかし、患部を安静させずに運動を続けることでその作業の開始が遅れてしまいます。その遅れが結果的に完治を遅らせリハビリテーションに費やす時間を長引かせてしまいますので、受傷後は安静にすることが大切です。

 

I・・・Iceing(アイシング) 患部の冷却

冷やすことで痛みを減少させることができ、また血管を収縮されることによって腫れや炎症をコントロールすることができます。

シップではアイシングにはなりません。
 袋に氷と水を入れて10分~15分患部をゴロゴロしながら冷やして下さい。
 もし、氷等が無ければ濡れタオルで患部を冷やして下さい。

 

C・・・Compression(患部の圧迫)

適度な圧迫を患部に与えることで腫れや炎症をコントロールすることができます。

 

E・・・Elevation(患部の挙上)

心臓より高い位置に挙上をすることで重力を利用し腫れや炎症をコントロールすることができます。

 

サッカーや野球、バスケットボールは特定の部位を酷使します。
スポーツ外傷(ケガ)や障害はスポーツをしている以上避けられない症状ですが、普段からストレッチをしておくことで予防が可能です。
スポーツによって使う筋肉が異なりますし、外傷(ケガ)、障害が出たときの対処法も異なります。
いずれの場合も患部をしっかり休ませる事が必要であり、RICE処置を併用することで早期の改善を図ります。

 

施術を受けることによって得られるカラダの変化

1.トータルケアの治療を心がけているため、ケガをしにくい身体を作ることが出来る。

2.競技復帰までしっかりサポートさせていただきます。最短期間で症状改善を図っていきます。

3.自宅で出来るストレッチ指導など行いますので、疲れにくい身体を作ることができます。(自分自身のカラダに詳しくなる!)

4.白山整骨院独自の施術のより症状改善を図るだけでなく、体質改善(ケガをしにくい身体)などにも繋がります。スポーツ技術向上に繋がります。

 

整形外科のリハビリ室で10年勤務していました。整形外科では主にスポーツ外傷・障害などを中心に診させていただきました。整形外科で培った知識と技術でお役に立てるように頑張りますので宜しくお願い致します。