ぎっくり腰

ぎっくり腰

若い人こそ注意したい腰痛がぎっくり腰

ぎっくり腰(急性腰痛)は、あるとき急に発症するやっかいな症状です。中高年に多いイメージがありますが、子どもにも多い症状なのです。腰に負荷を与え続けると発症率が高まります。

ぎっくり腰が発生しやすいのは動作を変えたときです。寝そべりながら本を読んでいる状態からいきなり立ち上がったり、重い荷物をいきなり持とうとしたり、瞬間的に腰に負担を与えるのは絶対によくありません。

横浜市緑区の整骨院では、ぎっくり腰の治療を行っており、軽度・中度・重度の症状別に施術をしていきます。
症状の度合いによって対処法が異なりますので、自分で治そうとしないことです。ぎっくり腰が発症した直後は、とにかく安静にして動かないことです。症状が収まってきたら、横浜市緑区の整骨院で施術を受けてください。

腰に疲労が溜まっていると、何度もぎっくり腰が発生するケースもありますから、まずは腰のこり・ハリを手技療法で解消していきます。腰の筋肉が固くなって可動域が狭くなると起こりやすいため、腰をほぐすことが大切なのです。

日常生活では、適度な運動を心がけてください。毎日行えるウォーキングがおすすめです。運動をしないと筋肉の可動域が狭くなり、腰を傷めやすくなります。運動しない方が急に運動した場合も危険ですので、無理をしない範囲で普段から運動しておくことが大切です。