腱鞘炎

腱鞘炎

腱鞘炎の痛みは悪化する前にお早めに横浜市緑区・鴨居駅・中山駅の白山整骨院へ

腱鞘炎は、手首にある腱を保護している腱鞘という組織に負担がかかり過ぎてしまうことによって炎症を起こして痛みを出すという症状です。
スポーツの繰り返しの動作によって起こることも御座いますし、日常生活の中の動作でも知らず知らずのうちに負担がかかっていて腱鞘炎を起こしてしまうというケースも御座います。
また、妊婦さんや出産後の女性ホルモンが活発に分泌されているような時期には特に起こりやすいということもありますので気を付けましょう。

腱鞘炎をしっかりと改善させていくためには、手首部分だけではなく肩甲骨などにも注目していく必要が御座います。腕の動きからつながって連動しておりますので、肩の動きが悪かったりすることによって手首にばかり負担がかかる状態になっていたりもするのです。
そのため、横浜市緑区・鴨居駅・中山駅の白山整骨院では全身のゆがみや、動きの悪くなってしまっている部分をチェックしていき、正しいバランスを取り戻してあげるという施術もおこなってまいります。

痛みを我慢してしまいますと、どんどん炎症が強くなっていき、悪化させてしまうことも多いため、出来るだけお早めに横浜市緑区・鴨居駅・中山駅の白山整骨院にて治療を始めていきましょう。