むち打ち治療

むち打ち治療

むちうち症の専門治療を受けるなら横浜市緑区の白山整骨院

むちうち症というのは、頸椎捻挫してしまっている状態のことであり、特に交通事故の突然の衝突では全く受け身が取れない状態ですので、首に大きな衝撃が加わってしまいむちうち症を起こすケースが多くなります。
たとえ軽い交通事故だと思っていても、日常生活では受けることのない衝撃が身体に加わっており、痛みが軽いために大した怪我をしていないと思って治療をせずにそのままにしてしまう方もいらっしゃるのですが後になってからつらい症状に悩まされてしまいます。
横浜市緑区の白山整骨院では、むちうち症のための専門治療をおこなっておりますので、事故後に少しでも痛み違和感を感じるようでしたら出来るだけお早めにご来院ください。

むちうち症というのは、後遺症が残りやすいと言われており、ご存知の方も多いかと思います。この後遺症も、重大なものから軽度のものまでさまざまなものがありますが、たとえ軽いものであっても、後遺症が残ってしまいますと交通事故前のような快適な生活が送れなくなってしまうこともあります。
ですので、横浜市緑区の白山整骨院にて専門治療を受けていただき、早めに症状を取り除いていくということがとても大切なポイントになります。

むち打ち症には横浜市緑区の整骨院の手技療法が効果的

交通事故のむち打ち治療は、横浜市緑区の整骨院で行いましょう。

医療機関で「問題なし」と判断されても、頭痛が収まらないという話はよく聞かれています。

ほかにも、首の痛み、腰痛、極度のこり・しびれ、疲労感などを伴うことがあります。特に首の診断は難しいため、レントゲンでも異常を発見できないことが多々あります。

横浜市緑区の整骨院では、外見的には異常のない状態のむち打ち治療を得意としております。
手技療法に電圧治療・超音波治療を組み合わせて施術をしていきます。
薬を使用しませんので、どれも副作用とは無縁の施術法です。

むち打ち治療はタイミングが遅れるほど効果が出にくくなります。
事故当初は痛みが出ないことが多いため、放置しておく方が少なくありません。
そして、後日になって痛みが生じるのですが、「安静にしていれば治る」と勝手に判断してしまい、そのまま放置しておく方が少なくありません。
その結果、後遺症をひどくして治療を遅らせてしまうのです。

早期の社会復帰のためにも、横浜市緑区の整骨院でしっかりと治療してください。
痛みが消えたといって治療を止める方がいますが、後遺症を残すことになり、結果として治療費もかさんでしまいます。