スポーツ障害・怪我

 

スポーツのケガは、一般的に些細なミスや不注意から起こると思われています。
しかし、ほとんどの場合は、身体の疲れ、歪みが原因で怪我をするのです。

プロスポーツ選手は、利用している道具を綺麗にしたり、壊れないようにメンテナンスします。同じように彼らは、自分身体の身体も定期的にメンテナンスをします。

身体の歪みを改善し、メンテナンスし、怪我をしづらい身体を作るのです。

 

身体の歪みが原因で怪我をする理由とは?

スポーツの代表的な怪我は、シンスプリントです。偏平足ですねの内側に負担がかかり、骨膜の炎症が発症することです。

正式には「脛骨疲労性骨膜炎」といいますが、ドクターによっては、「脛骨の疲労骨折」と表現する場合もあります。
骨がボッキリ折れるわけではありませんが、やはり注意が必要です。

身体が歪むと、回復力が落ち疲れやすい身体になり、足に力が入らなくなり、捻挫をしたり、ボールを取ろうとした突き指になります。
回復力が落ちている身体は、怪我をしやすい状態に持っていきますし、怪我をした後も治りづらいのです。

このように身体が歪めば、身体のどこかしらが怪我しやすくなり、筋肉にも負担をかけ、痛みやすくなり、疲れやすく、ストレスも溜まりやすくなります。

 

背骨を整えるだけで、痛みが減ります。

身体の歪みが整うと、身体のバランスが整い身体全体の負担が分散されるので痛んでいた箇所の痛みが軽減されます。

そのため、白山整骨院では施術すると1回で痛みが減ったと体感していただけるのです。

 

具体的な症状では、オスグッド病で太ももの筋肉が固くなり、膝に負担がかかっていることが原因でした。患部への直接的な治療と、やはり背骨の矯正を併用することで、治りが格段に良くなります。

症状は、当院の場合最短で1日、最長で2か月で痛みがほぼ取れております。競技中にぶつけ、患部を再発するケースも見られますので、痛みが出たときに治療するだけでも、競技を続けやすくなるものと思います。

 

筋肉が固くなるとテニス肘になりやすい。

テニス肘は、手首と前腕の使い過ぎによって症状を発症しますが、痛みが出る人は、大抵筋肉が固くなっている人です。やはり突き詰めれば背骨の歪みが全身の筋肉の緊張を強くして、患部の負担が軽減しますので、極端に言えば、軽度のテニス肘なら、患部を触らずに背骨を調整するだけで症状が改善します。

 

症状の疲労を回復させる。

他には、足底腱膜炎や、各部位の腱鞘炎、頚椎症、腰椎分離症・すべり症、ランナー膝、ジャンパー膝、フットボーラーズアンクル、野球肘・肩なども、直接的アプローチと、背骨の矯正を併用することで、症状が改善回復していきます。こちらの症状も、患部に触らずに背骨矯正で改善することも多いです。

 

症状がある程度回復しても、定期的なメンテナンスは必要です。
スポーツは激しい動きの連続で、自分の気づかない間に患部を痛め、痛みを蓄積し、再び悪化してしまうことがあるからです。痛くなりすぎる前に、治療を心掛けましょう。

多少の痛みを感じたら、それはすでに炎症が出ているサインです。ほっとかずに今すぐに対処しましょう。予防に勝る治療はありません。

白山整骨院へお任せ下さい!

休診日:木曜午後日曜祝日がお休みになります。

受付時間
8:30~12:00//
14:30~19:00///

土曜:14:30~17:00

※ 当日でない予約変更・キャンセルは、LINEより承ります。
※ お急ぎの方は、お電話でご予約・ご相談ください。
※ LINEを使用されていない方はお電話にて対応させていただきます。
ご協力の程、よろしくお願い致します。

全額返金保証 施術を受けられて、満足いく結果でなかった場合、来院いただいた日の施術料は全額返金致します。

初回にお客様に納得の出来る結果を出して差し上げること。
竹内 純一 先生

どうすれば、早く治るか?」というシンプルな考えのもと、日々技術の研鑽や微修正を行っております。私が一番得意とする施術は、背骨矯正で回復力が高まり背骨が良い状態整います。そして背骨を支える関節トレーニングを行うことにより、早期回復改善へ導きます。

白山整骨院へ初めてお越しになられる方は、初めての方へのページをご覧くださいませ。