テニス肘(外側上顆炎)

 

このようなお悩みはありませんか?

☑ 病院・整形外科でテニス肘と診断された。
☑ 利用しているサポーターの効果が薄い。
☑ テニス、バドミントン、野球で肘を痛めている。
☑ 雑巾絞りやフライパンと肘が痛む。
☑ パソコンでキーボードやマウス動作で肘が痛い。
☑ 無理をすれば使えるので安静にできていない。
☑ 腱鞘炎や肩こりがあり、肘だけの問題ではない。

 

テニス肘とは、肘の外側が痛い症状全般

テニス肘は、テニスで痛めた肘のことだと思われそうですが、そうではなく過度に手首や前腕の筋肉を使い過ぎて肘の外側に痛みが出る症状全般のことを呼びます。

正式名称は、外側上顆炎と言います。

 

手首を返す作業が多い製造系工場の方やスポーツをグイグイやる方、重量物を持ち上げる際に前腕部に力がかかる方がなりやすいようです。

その他にも、スーパーや外食などのサービス系の方、意外にもデスクワークの方にも時折見られます。手首の使い方に問題があることが多いのですが、体が固い方に発症します。

 

身体が固い方は、例外なく前腕部や手首も固いので、無理に使いすぎると、疲れが肘、前腕、手首に痛みで出やすくなります。
あとは、テニス肘を軽く考え、そのうち治るだろうという楽観的な見方で、症状を散々こじらせてから来院されるパターンもあります。

テニス肘に対する誤った認識を直して頂くことが、テニス肘治療の第一歩となります。

 

一般的な治療方法は?

テニス肘における、一般的な整骨院さんでの治療は、低周波治療器をまずは使うことが多いです。
ストレッチやテーピングを施し、使い過ぎないようアドバイスを受けると思います。

整骨院さんによっては、肩や腕周りまでマッサージしてくれるところもあるかも知れません。

整形外科においては、テニス肘サポーターを処方されます。

痛み止めや注射を打ち、やはり無理をしない範囲で使うように言われることが多いです。

 

当院の治療方針

 

「痛みの出る使い方をしない。」
「患部を直接マッサージしない。」
「局所的な炎症を抑えるために、電気治療を行う。」

 

電気治療の選択としては、立体動態波や微弱電流を用いることが多いです。
場合によっては、ハイボルテージ療法で疼痛緩和を目指すこともあります。

電気治療で完治または根治を目指すわけではないので、「電気治療を何度かやれば、無理をしてでも治るだろう」という考え方も危険です。

あくまで、電気治療は補助的な位置づけとしてご理解下さい。

 

そのため、身体の大黒柱である骨盤・背骨・頸椎の歪みからくるので身体の緊張を解き、歪みを整えます。

体が歪んだままマッサージをしても、筋肉は芯からゆるみませんので、歪みを取り除いて、筋肉のゆるみを作ってからマッサージなりストレッチなりをした方が、効果が上がりますし、患者さんの回復力が増します。

 

安静に!でも肘を使えないわけではありません。

当院で重要視するのは「テニス肘への考え方を改める」ということです。
ある意味では、骨盤・背骨・頸椎の矯正よりも重要になります。

痛いけど無理をすれば使ってしまえば、同じように繰り返してしまいます。
「痛いけど、使っているうちにそのうち治るだろう」と考える方が、非常に多く見受けられます。

むしろいらっしゃる方全員に共通していると言っても過言ではありません。
まずはその考え方を改めて頂きます。

「使ってもいいから、痛くない範囲で使って」という考え方を持って頂きます。
「なるべく使わないで」というマイナス表現ではなく、プラスの表現でお伝えします。

テニス肘は、ある意味で骨折よりも重傷(または重症)になり得ます。
まずは自己流で治そうとせず、早めにご相談下さい。

白山整骨院へお任せ下さい!

休診日:木曜午後日曜祝日がお休みになります。

受付時間
8:30~12:00 / /
14:30~19:00 / / /

土曜:14:30~17:00

※ 当日でない予約変更・キャンセルは、LINEより承ります。
※ お急ぎの方は、お電話でご予約・ご相談ください。
※ LINEを使用されていない方はお電話にて対応させていただきます。
ご協力の程、よろしくお願い致します。

全額返金保証 施術を受けられて、満足いく結果でなかった場合、来院いただいた日の施術料は全額返金致します。

初回にお客様に納得の出来る結果を出して差し上げること。
竹内 純一 先生

どうすれば、早く治るか?」というシンプルな考えのもと、日々技術の研鑽や微修正を行っております。私が一番得意とする施術は、背骨矯正で回復力が高まり背骨が良い状態に整います。そして背骨を支える関節トレーニングを行うことにより、早期回復改善へ導きます。

白山整骨院へ初めてお越しになられる方は、初めての方へのページをご覧くださいませ。