捻挫

 

このようなお悩みはありませんか?

☑ スポーツで足首を捻った。
☑ 大会があるのでその日までに間に合わせたい。
☑ 競技や仕事を続けたいので、しっかり治したい。
☑ 整形外科でレントゲンを撮り異常無しと言われた。
☑ 捻挫がクセになっている。
☑ 足首を捻挫して以来、バランスが崩れあちこち痛い。

 

足首の捻挫の原因

足首の捻挫は、大きく分けて二つになります。

1つ目は、不慮の事故です。
これは、仕事やスポーツ、または家の中で段差や平坦なところでも不注意によって、捻ってしまうケースです。

ある種の事故のようなものです。

 

2つ目は、起こるべくして起こったものです。

膝あたりの筋肉が固かったり、足の裏に疲れが溜まっていると、股関節や太ももの筋肉が固くなりやすいので、足首がうまく機能せず、捻ってしまうことです。

段差も何もないところで頻繁に捻ることが多い方は、不注意な方だと思われやすいですが、足の疲れなどで起こるべくして起こるものとご理解下さい。

明確に捻ってはいないものの、足首付近で腱の炎症が発生してしまう場合は、疲労や固さが原因になります。体のケア不足を怠ってしまった結果と言えるでしょう。

 

一般的な治療

一般的な治療としては、やはり電気治療と患部の安静固定になります。

患部の回復に合わせ、患部のマッサージやストレッチ、テーピングを行いながら徐々に運動を開始していきます。

整形外科においては、程度にもよりますが、全くの固定無しで、痛み止めや湿布を処方されることが多いようです。

程度がひどいと、患部をギプス固定し、松葉づえになることもあります。

ギプス除去後に運動療法(リハビリ)を開始し、全治2か月前後の治療期間になることもあります。

 

当院の治療法

 

足首における当院の治療は、肉離れと同様、まずは状態に応じて電気治療の選択します。

一般的な低周波、深部まで作用する立体動態波、疼痛激甚時の微弱電流、または電気治療が苦手な場合も微弱電流を使用します。
また、この微弱電流は、長時間流すこともあります。

 

また、痛みによってハイボルテージは即効性が期待できます。
その際、少し電気の刺激に耐えていただき、強めの電圧をかけることもあります。
この治療は、新規の方には絶対に行いませんのでご安心下さい。

 

まずは、初回カウンセリングにて、状況をお伺いし、希望に合わせた改善目標を立てます。
「無理をしたい」のか、「無理せず確実に治したい」のか、そこが重要です。

当院は、原則的に無理をしない方針ではありますが、「最後の大会だから、少しでも痛みを減らして、何とか出場したい」という要望があれば、その方向でご支援致します。

その際の後遺症のリスクなどもしっかりご理解頂いた上で、特に未成年の方には、保護者の方も交えてお話します。
そういった意味でも、初回のカウンセリングは重要になります。

あとは当院のメイン治療である、頚椎・背骨・骨盤の調整するDRT療法にて自然治癒力をマックスまで高め、最大限患者さんの要望にお応えできる体制を整えております。

体の歪みを取り、足首への負担を減らし、特殊電気治療にて患部そのものの治癒スピードを高め、目標を達成することが可能になります。

白山整骨院へお任せ下さい!

休診日:木曜午後日曜祝日がお休みになります。

受付時間
8:30~12:00//
14:30~19:00///

土曜:14:30~17:00

※ 当日でない予約変更・キャンセルは、LINEより承ります。
※ お急ぎの方は、お電話でご予約・ご相談ください。
※ LINEを使用されていない方はお電話にて対応させていただきます。
ご協力の程、よろしくお願い致します。

全額返金保証 施術を受けられて、満足いく結果でなかった場合、来院いただいた日の施術料は全額返金致します。

初回にお客様に納得の出来る結果を出して差し上げること。
竹内 純一 先生

どうすれば、早く治るか?」というシンプルな考えのもと、日々技術の研鑽や微修正を行っております。私が一番得意とする施術は、背骨矯正で回復力が高まり背骨が良い状態整います。そして背骨を支える関節トレーニングを行うことにより、早期回復改善へ導きます。

白山整骨院へ初めてお越しになられる方は、初めての方へのページをご覧くださいませ。