腰の歪み チェック方法

腰の歪み(腰痛)を自分でチェックする簡単な方法

 

まず、以下のイラストを見てください

横から見た背骨のアライメントです。

一番左が『良い姿勢・正しい姿勢』です。

このような姿勢でありましたら腰痛は起きにくいですね。

では、腰痛が起こりやし姿勢はイラストに描かれている【前弯タイプ】と【後弯タイブ】になります。

これは『骨盤』が前に傾いていることを【前弯】といい、『骨盤』が後ろに傾いていることを【後弯】といいます。

腰痛で悩んでいるあなたはどちらかのタイプに該当します。

では、どちらのタイプか評価する方法は簡単に行えます。

 

【前弯タイプ】

体幹の伸展(反る動き)側屈(傾げる動き)で痛みが強い場合・・・前弯タイプ

  

なぜ、この動きにくくなるか?その原因は腸腰筋の筋力低下が考えられます。

腸腰筋の筋力低下いわゆるサボり筋があれば、その筋肉の反対の動きをする筋肉いわゆるガンバリ筋があります。

ガンバリ筋は筋緊張を起こします。ここでのガンバリ筋は多裂筋、梨状筋や大腿筋膜張筋、大腿直筋です。

このようなタイプの方は、立っているときや仰向けで寝ることが辛い・痛い特徴があります。

なぜか?

腸腰筋は股関節を曲げる(屈曲)筋肉、主に座っているときに働きやすい筋肉です。

逆に立っているとき・仰向けで寝てとき、股関節は伸びる(伸展)。いわゆる腸腰筋は働きにくくなります。

 

 

【後弯タイプ】

体幹を屈曲(曲げる動き)回旋(捻る動き)で痛みが強い場合・・・後弯タイプ

  

なぜ、この動きがやりにくくなるか?その原因は多裂筋の筋力低下が考えられます。

多裂筋の筋力低下いわゆるサボり筋があれば、その筋肉の反対の動きをする筋肉いわゆるガンバリ筋があります。

前弯タイプ同様、ガンバリ筋は筋緊張を起こします。ここでのガンバリ筋は腸腰筋、内側ハムストリングスです。

このようなタイプの方は、座っているとき(座位・長座位・体育座り)が辛い・痛い特徴があります。

なぜか?

多裂筋は股関節を伸ばす(伸展)筋肉。主に立ってるときに働きやすい筋肉です。

逆に座っているとき(座位・長座位・体育座り)、股関節は曲がる(屈曲)。いわゆる多裂筋は働きにくくなります。

 

 

【どの体勢(動き)でも痛い場合】

腰の屈曲・伸展・側屈・回旋のどの動きも痛い場合、腰の骨に(椎間関節)炎症がおきている状態です。

炎症度合いを調べる簡単な方法。

身近な方に腰に手を当てていただきます。

その時、手を当てた場所が❝冷たい❞と感じたときは炎症が強く出ているサインです。
逆に、手を当てた場所が❝温かい❞と感じたときは炎症はそこまで強くないとも判断できます。

なぜか?
炎症が強い場合は、手を当てた方の体温よりも患部が体温が上がっているので冷たく感じます。
炎症が弱い場合は、手を当てた方と同じくらいの体温なので温かく感じます。

症状の程度にもよりますが、炎症は強い時は患部に無理な刺激(マッサージなど)は与えな方がよろしいです。

 

対処法・施術法

ご自身がどの前弯タイプか後弯タイプか?

それぞれの問題点は本来機能しないといけない筋肉が機能していない筋力低下が問題です。

サボり筋をしっかり働かせて、ガンバリ筋を緩めてあげることにより、それぞれの筋肉が均等になることで腰の動きが良くなり、結果的に症状改善につながるイメージです。

 

当院ではより詳しく、身体の状態、痛み方、生活習慣などから、腰痛改善に導くようお手伝いさせていただきます。

お気軽にお電話やメールを下さい。

 

 

白山整骨院へお任せ下さい!

休診日:木曜午後日曜祝日がお休みになります。

受付時間
8:30~12:00 / /
14:30~19:00 / / /

土曜:14:30~17:00

※ 当日でない予約変更・キャンセルは、LINEより承ります。
※ お急ぎの方は、お電話でご予約・ご相談ください。
※ LINEを使用されていない方はお電話にて対応させていただきます。
ご協力の程、よろしくお願い致します。

全額返金保証 施術を受けられて、満足いく結果でなかった場合、来院いただいた日の施術料は全額返金致します。

初回にお客様に納得の出来る結果を出して差し上げること。
竹内 純一 先生

どうすれば、早く治るか?」というシンプルな考えのもと、日々技術の研鑽や微修正を行っております。私が一番得意とする施術は、背骨矯正で回復力が高まり背骨が良い状態に整います。そして背骨を支える関節トレーニングを行うことにより、早期回復改善へ導きます。

白山整骨院へ初めてお越しになられる方は、初めての方へのページをご覧くださいませ。