腰痛

 

このような悩みありませんか?

☑ 腰が痛い。

☑ 足を組むクセがある。

☑ 長時間座り続けていることが困難。

☑ 寝返りをするとき痛みが強く起きてしまう。

☑ レントゲンでは異常なしと言われたが痛む。

 

腰痛とは・・・

腰痛は色々な症状があります。

・急性腰痛(ギックり腰)

・スポーツ外傷による腰痛

・慢性的な腰痛

・病院でよく診断される。

・腰部椎間板ヘルニア

・脊柱管狭窄症

・変形脊椎症

・分離すべり症などがあります。

 

その中で多い症状

ギックリ腰・・・ある時急に発症する厄介な症状です。中高年に多いイメージがあるかと思いますが、子供や若年者にも多い症状です。腰に負荷を与え続けると発症率が高まります。ギックリ腰が発生しやすいのは動作を変えた時です。寝そべりながら本を読んでいる状態からいきなり立ち上がったり、重い荷物をいきなり持とうとしたり、瞬間的に腰に負担を与えることは絶対にやめましょう。

 

慢性腰痛・・・特に中高年の方は非常に多くみられます。
人間は直立しているだけで腰に重さがかかっています。上半身の重さを支えているわけですからその負荷は相当なものです。
肥満の方は体重が重たいため、通常よりも腰にかかる負担は大きくなり、より腰痛になりやすいと言えます。

 

 

白山整骨院では手技療法と電気療法で腰痛治療を得意としています。

手技なのでメスを使う事はありませんし、薬も使わないので副作用に悩まされることもありません。身体にやさしいDRT療法で施術をしていくので安心です。

痛みの原因が骨の変形や年齢、椎間板ヘルニアとは関係ない事が多くあります。

腰痛の方のカラダをチェックすると殆どの方が『ふくろはぎ』が緊張して固くなっていることが多いです。「最近こむら返りが多い」・「数日前から脚が重だるい」などと感じてきたら、ギックリ腰や腰痛の前兆サインです。なぜサインなのかというと骨盤の傾きそれに伴い背骨も歪み腰にストレスがかかります。ですので、ふくらはぎが緩めば腰痛も和らぐってことです。

白山整骨院では骨盤・背骨の歪みを調整します。歪みを改善するとふくらはぎの緊張も緩み、あとは自然に痛みが取れていきます。もちろん、施術後の指導をしっかり行っていただく必要がありますので、親切、丁寧にお伝えします。

 

日常生活での姿勢がポイント!

例えば、椅子に座っているときの姿勢が猫背になっていたり、椅子の背もたれにもたれ掛かっていたりしていると、施術後に緩んだ筋肉もまた緊張してしまい、体が良くなる為の足を引っ張ってしまいます。

椅子に座る際は90度で座り、体と背もたれの間に500mlペットボトル入れると骨盤が起き上がり良い状態維持してくれます。
日常生活も気を付けることで早く良くなっていきます!

お役に立てる世に頑張りますので宜しくお願い致します。

 

 

改善事例

◆腰痛からの坐骨神経痛

坐骨神経痛とは・・・

臀部(お尻)~脚(脚の後面・裏もも)が痛くなったり、シビレたりするものです。

坐骨神経は人体の神経の中でも1バン太くて長い神経になります。

この坐骨神経が何らかの原因でいたずら(圧迫や刺激)されると、痛みやシビレが出現するものです。

 

この原因は・・・

・腰部椎間板ヘルニア

椎間板は腰椎(腰骨)と腰椎との間にあるクッションです。そのクッションが様々な原因で外に飛び出して神経を圧迫や刺激することにより坐骨神経が起きてしまします。

中腰作業や力仕事のする方に多く、比較的20代~40代に多くみられる。

 

・腰部脊柱管狭窄症:

脊柱管(背骨の連なりで形成される管)に脊髄とそれに続く馬尾(ばび)神経通っています。って、その中を経過する神経を腰椎の変形などによって圧迫する為症状が発生します。典型的な症状としては間欠性跛行(長い距離の歩行が困難で、しばらくしゃがんで休むと、また歩行が可能。それを繰り返す症状)中高年に多くみられます。

 

このように上記の症状があり、結果的に坐骨神経を起こしていることが多くあります。

では、なぜ、『腰部椎間板ヘルニア』や『腰部脊柱管狭窄症』に進行してしまったのか?!ここが重要かと思います。

もちろん、加齢や腰部に負担がかかることでもなりますが、その前段階から『カラダが歪んでいる』ことが最も重要になります。

カラダが歪むと、左右の筋肉のバランスが崩れます。

左右どちらかの筋肉が緊張することにより坐骨神経を圧迫、刺激します。

このようにカラダが歪んでしまう事により症状が出現し進行していきます。

 

◆坐骨神経痛で施術を受けられた患者さん

1年前より右臀部~大腿部後面に痛みがひどく足の指先もずっとシビレていました。しばらく様子をみていましたが、症状は落ち着く所か、さらに悪化しあまりの痛さで夜も眠れないようになってしまったとの事。

今回の右臀部~大腿部後面に痛みとは違う症状で整形外科に通院していたが、痛いところに電気を当ててだけで、今回はそれだけでは改善しないと感じ、今後もひどくなってしまうではないかと感じ当院へ受診されました。

 

◆坐骨神経痛の治療

詳しく話を伺っていくと、半年ほど仮住まいで通常の生活スタイルと違ったとのお話でした。通常は椅子での生活がメインだったが、仮住まいの時は床に座っていることが多かったようです。

このように、約半年の間生活スタイルが通常と異なることが症状はさらに悪化させていったと考えました。

これは背中がもたれ掛かっている状態が続き、骨盤が歪み(骨盤が後傾)、右の臀部の筋肉が緊張し、坐骨神経を圧迫して痛みが出ているものでした。

ですので、坐骨神経痛が治りにくい状態になっていたわけです。

 

では、どうしたら改善するか?!

筋肉が緊張している痛いところ(臀部、太もも)を揉んだり、ほぐしたりすれば、圧迫されている坐骨神経は解放され坐骨神経は改善するのではと考えるかと思います。

私も以前まではそのように考えていました。

が、それでは施術後は痛みが緩むのですが、時間とともに症状が再発してきます。

施術後は「やわらぐ」。→時間が経つと「痛み再浮上」。

それでは「イタチごっこ」です。

 

では、どうしたら痛みが再発しにくい状態になるのかというと、

『正しい姿勢』の定着でした。

そもそも、通常は骨盤傾いていません。骨盤が傾くから腰部や臀部に負担がかかり、その結果坐骨神経が締め付けられて坐骨神経痛となります。

そもそも『正しい姿勢』でしたら坐骨神経痛になりにくい状態になります。

 

話は長くなりましたが、骨盤・背骨の調整で改善してくるわけです。

正しい姿勢が定着してくれば、おのずと坐骨神経痛は消えます。

 

◆坐骨神経痛のサインが出る部位

これは『ふくろはぎ』です。

理由は、上記で話した通り背骨や骨盤が歪むと左右筋肉がアンバランスになります。バランスを崩した筋肉は違う部位が頑張り踏ん張ってバランスを保ちます。

それが脚の『ふくろはぎ』です。

ですので、この『ふくろはぎ(アキレス腱)』が押しと時に硬かったり、痛かったり、違和感がある場合は、これから坐骨神経痛になりやすい状態だという、『カラダのサイン』です。

 

◆改善期間

施術開始時期、1ヶ月目を週に2回のペースで来院して頂きました。

施術3回目で夜間痛みが感じなくなり、熟睡できるようになったとの事。1ヶ月(8回目)を過ぎる頃には、すっかり臀部~大腿部の痛みがなくなりました。それと同時期にシビレていた足の指の感覚も戻ってきました。

さらにいままでかばいながら歩いていたため、常に股関節に違和感を感じていたのも改善し、真っ直ぐに歩くことができるようになりました。

このように1ヶ月目を週2回のペースで施術させていただき、症状が改善してきましたので、2ヶ月目を週に1回のペースで間隔を空けました。間隔を空けてもいい状態をキープされていました。

3ヶ月目以降は10日に1回、2週間に1回と施術間隔を広げていきました。

3ヶ月目以降は良い状態を保ち、ご自分でもウォーキングを始めらたりされていました。

 

改善期間は3ヶ月でした。

施術開始時期に週2回のペースで来院して頂き、正しい姿勢をしっかり矯正できたところが良かったと感じています。

良い状態が定着すれば、少々無理をしても酷くなることはありません。

 

◆DRT(ダブルハンド・リコイル・テクニック)背骨調整

当院の施術DRT(ダブルハンド・リコイル・テクニック)は背骨に直接アプローチし背骨の1つ1つ椎体(骨)を優しく丁寧に整えていきます。背骨が整うことにより、自己治癒力に火が着き、治りやすいカラダになってもらいました。

 

◆楽トレ

施術と平行して楽トレもされました。

楽トレ(筋トレ)で特に体幹(腹筋・背筋)と大腿部(太もも)を筋トレも行いました。

体幹がしっかり強くなることにより、正しい姿勢を保ってくれます。

今後、『このような(坐骨神経痛)症状で悩み辛いのはコリゴリ』とおしゃっていましたので、楽トレでさらに「痛みの出にくいカラダ」=カラダにプラス要素を取りいれていただきました。

 

◆生活指導・アドバイス

施術後は身体が変化します。変化するという事は背骨・骨盤がバランス良い状態という意味です。

それを持続するのが、ご自身の管理になります。

特に重要なのが、座っているときの姿勢です。

例えば、椅子に座っているときに背もたれにもたれて、悪い姿勢にすると、カラダはまた悪い状態に戻ります。

ですので、いい状態のキープするのはご自身になります。

もちろん当院では丁寧に分かりやすくご説明致します。

それを続けていただくことで、症状も回復もどんどん良くなります。 この姿勢をしっかり行っていただいたので坐骨神経痛の回復も早かったのでしょう。

 

◆施術を受けられた感想

Q どのような症状で受診されましたか?

 

A 長い間、腰痛があり右側の臀部から太ももにかけて痛みが、ひどく夜も痛さで眠れないようになってしましました。

足の指先もずっとシビレており、股関節も違和感があり今後もっとひどくなってしまうのではないかと思い来院しました。

 

 

Q 施術を受けられた感想を聞かせて下さい。

 

A 坐骨神経痛が原因という事で、普段の姿勢から直していかないといけない事がわかりました。

施術は腰から背骨の上まで体を優しく揺らしながら、骨をひとつひとつ整えていくような施術で最後は先生のハンドパワーで温めて頂き気持ち良かったです。

施術2、3回で夜の痛みを感じることはなくなり、1ヶ月を過ぎる頃にはすっかり痛みはなくなり、シビレていた足の指も感覚が戻りました。

股関節の歪みもなくなり、真っ直ぐに歩くことができるようになりました。

めまい、耳鳴りもなくなり、夜もよく眠れるようになったのも思わぬ効果でした。

 

 

◆楽トレの感想

足腰の衰えに備えて体幹を鍛えたいと思いましたが、なかなか難しい事だとも思いました。それが、横になったまま鍛えられるなんて願ってもないことでした。

初回から終わった後は本当に運動したような心地良い疲労感でした。施術と併せて体幹がしっかりしてきたように思います。

お腹回りも引き締まり、毎回ウエストが細くなっていくように感じ、これも大変嬉しい効果です。

 

 

◆まとめ

坐骨神経痛といっても人それぞれ程度や症状もことなります。

当院では問診、検査をしっかり行い、痛みの根源はどこなのかと診て進めていきます。

『もうあきらめている』や『どこに行っても治らない』と思っているあなた、一度ご相談ください。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

あなたのお役に立てるように頑張りますので、宜しくお願いします。