姿勢の悪さから腰~脚にかけてのしびれ

慢性腰痛→腰~脚にかけての痺れで悩まされていたN様のご感想

建築板金屋根屋をしてます。

仕事の疲労、姿勢の悪さから慢性腰痛、脚のしびれに悩まさてましたが、DRTを受けてからだいぶ楽になってきました。

体が主本なので、本当に助かってます 。

院長竹内より

 

N様、ご感想いただきありがとうございます。感謝致します。

屋根の上で足場の悪いとこでの作業。

そして、中腰が多いと仰っていました。

不良姿勢での作業で必然的に姿勢が悪くなってしまいます・・・。

症状としては腰~脚(後面)にかけて痛み・痺れが強く出ていました。

前回のブログにも書かせていただいていますが、腰の痛みや脚の痺れの負担・ストレスが出てくる場所は【ふくろはぎ】です。

ふくろはぎの筋肉の圧痛の検査をしてみると、かなり筋肉が硬結(一般に柔らかい組織が、炎症やうっ血、充血などで硬くなること)し、圧痛が強く出ていました。

施術はDRT

腰は背骨の一部です。

背骨を1つのユニットと考え、背骨全体を揺らしながら調整します。

施術後、背骨が的確に整っていると施術前痛がっていたふくろはぎが痛くなくなっています。

ってことは、腰も良い状態に整ったってサインになります。

 

あとは、いかにこの良い状態を保つかになります。

長い間悪くなっていると、背骨を支える筋力が落ちていたり、背骨に悪いクセがついていたりします

特に背骨を支える筋肉、多裂筋腹横筋がしっかりき機能できるように関節トレーニングも取り入れました。

多裂筋が原因の腰痛 - 腰痛・慢性難治症状専門整体院Refuge

 


これらの筋肉を中心に関節トレーニングを行い、また自宅でできるセルフトレーニングをお伝えし、N様と二人三脚で腰~脚かけての症状改善に取り組みました。

現在では、脚の痺れの程度はほとんど感じないくらいまでに落ち着きました。

あと、お仕事柄どうしても体にご負担がかかるので、今後も再発しないように予防(メンテンナス)されています。

これからもお役に立てるよう最善を尽くしていきます。

 

【予防に勝る治療なし】DRTの創始者である上原先生の言葉です。

定期的に施術を受けることで酷くならずにすみます。

もし仮に症状が改善したからと施術をやめてしまうと、知らず知らずのうちにご負担がかかり、また痛みや不調が再発しかねません。

そうすると、また通院頻度が多くなってしまい、改善まで時間とお金がかかってしまいます。

それではもったいないですよね。

ですので、定期的に施術を受けるレギュラーチェックは大切だと考えています。

 

当院の治療法DRTとは?

LINEでお問合わせ