横浜市の皆さん、あなたは痛み・辛さを我慢し続けていませんか?

明けましておめでとうございます。

 

 


本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

今回は問診時によくある会話の一コマ。

 

 

 

 

 

私:「最初に痛みやコリを感じたのはいつ頃ですか?」と聞くと

 

 

 

 

 

患者さん:「ずいぶん前からで、いつのことなのかも思い出せません」

 

 

 

 

 

こんな会話がよく問診時にあります。

 

 

 

 

 

そして、

 

 

 

 

 

私:「痛みがあってもある程度我慢すべきだと思っていませんか?」と聞きます。

 

 

 

 

 

 

患者さん:「そう思います」

 

 

 

 

 

 

7割くらい方がそう答えてくれます。

 

 

 

 

 

 

なので、殆どの方が『痛くても我慢すべきだ』と考えているようです

 

 

 

 

 

では、外国人はどうなのかというと、痛がりな人多いようです。

 

 

 

 

 

 

というよりは、「痛いのは痛い」とハッキリ訴えるんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

それに比べて日本人は全体的に痛みを我慢する傾向があります。

 

 

 

 

 

 

でも、痛みを我慢しても和らぐものではないこともあります。

 

 

 

 

 

そもそも、痛みが出現しそれを感じる頃は、キャパシティーを越えている状態です。

 

 

 

 

 

 

例えるなら、コップの水が溢れる状態です。

 

 

「コップの水溢れる」の画像検索結果

 

 

 

 

入っている水はある程度表面張力でこぼれませんが、ある一滴を垂らすと水は溢れこぼれます。

 

 

 

 

 

 

人の身体も同じようなことです。

 

 

 

 

 

 

ある程度、痛みが出ないように対応しますが、あることをきっかけに痛みは出現します。

 

 

 

 

 

 

【容量オーバー】もしくは【キャパシティオーバー】

 

 

 

 

 

 

 

症状が出現してきたのは数日前からであっても、徐々に徐々に痛みの階段を上ったイメージ。

 

 

 

 

 

そもそも、身体の状態が良好であれば、そうそう痛みが出ることはないかと考えます。

 

 

 

 

 

そして、当院では身体にとって重要度が高い場所[首・肩・ふくらはぎ]を検査をします。

 

 

 

 

 

 

私が検査(チェック)する場所に痛みを強く感じたのならば、ご自身の身体は負担(ストレス)がかかりすぎていますよ!というサインになります。

 

 

 

 

 

 

 

患者さんは自覚していない場所で痛みを感じると驚きます。

 

 

 

 

 

 

いわゆる、これが痛みの黒幕です!

 

 

 

 

 

ですので、患者さんの身体を触って身体に聞いたほうが正確だったりします。(微笑)

 

 

 

 

 

 

『痛み』はご存知の通りほっといても治るものではありません

 

 

 

 

 

むしろ、悪くなることはあっても良くなることはありません。

 

 

 

 

 

 

さらに痛み我慢し続けると、治療院に通院する時間費用もかかります。

 

 

 

 

 

 

 

日本人特有の国民性だと思いますが、【我慢するのを美徳】としているように思います。

 

 

 

 

 

 

 

【武士は食わねど高楊枝】の言葉ように、「痛くても他人に弱音を吐かない!」・「痛みを我慢してナンボ」と思っていませんか? 

 

 

 

「武士は食わねど高楊枝」の画像検索結果

 

 

 

 

あなたはどうでしょうか?

 

 

 

 

 

 

これを機に私と一緒に痛みが出にくい身体を作ってみませんか?

 

 

 

 

当院のDRT整体のご紹介

 

 

 

 


今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。感謝致します。