脚の痺れとO脚も改善された患者さんについて

腰痛に伴う脚の痛みとしびれで通院。施術計画通り施術していたらO脚も改善されてた患者さんのご感想

数年前から腰に痛みはあったのですが、そこまで生活に支障がなかかったためそのままにしていました。
しかし、ある朝目が覚めたと同時に左下半身に痛みと痺れ…あわてて私は白山整骨院へ電話をしました。受付の方はとても丁寧な対応で安心しました。

その日からお世話になり、1ヶ月が過ぎました。

1日目は症状などを話し、原因は何か、どうしてそうなっているのか等を模型や、資料を使い詳しく話してくれました。
私は普段の座る姿勢が良くないこと、足を組んだりすることで骨盤に歪みがあるのが原因でした。
骨盤の周りの筋肉の衰えもあるかも…。

治療はうつ伏せになり背骨1本、1本の歪みを整えて正常にするDRTという療法でした。

治療後、固くなって痛くなっていた筋肉も柔らかくなり痛みもなくなりました

その他に、筋肉をつけるトレーニングもします。

自宅で出来るトレーニングも、詳しく教えてくれます。

今現在、足の痺れや痛みはほとんどなくなりました。

それに、今回の治療とは関係ないのですが、かなりO脚だったのが改善されました
まだ、1ヶ月ですが骨盤の歪みが改善されていると実感しています

 

院長竹内より

 

ご感想いただきありがとうございます。感謝致します。

こちらの患者さん、朝起きたら突然左脚の痺れと痛みを伴う症状とのことでした。

お話を伺うと数年前から腰痛があったそうです。

朝起きたら突然の脚の痺れを感じビックリされたそうです。

初診時では詳しく経緯や症状などをお聞きし、それを踏まえて検査させていただきました。

特に股関節周囲の圧痛と股関節の可動域制限が強く、また足趾の筋力の低下していました。

これらの検査などを踏まえると脚の痺れは腰(腰痛)が原因です。

ではなぜ腰に負担がかかっていたのかと言うと、骨盤が後傾になっていたからです。

結果的に常に腰に負担がかかりっぱなしの状態が続き、脚にかけて痛みと痺れの状態になったと考えました。

正しい姿勢について① | さくらづか治療院

施術としては、骨盤部から背骨上部の1本1本の背骨(椎体)を揺らしながら整えるDRT(ダブルハンド・リコイル・テクニック)。
術前術後で痛かった場所が痛くなくなっている。

その変化が❝歪んだ背骨が正しく整った❞サインになります。

あとは、良い状態をキープする。特に座る姿勢ですね!

これは患者さんの頑張っていただくところになります。

当院では良い姿勢がとりやすいようにとセルフケア(関節トレーニング)をお伝えしています。

こちらの患者さんのように自宅でセルフケアをやっていただくことにより、より早い段階で症状改善が実現します。

また、体の根本から良くなるといつの間にかO脚も改善していたようです(*^^*)

今後も再発しないようしっかりサポートしてまいります。


こちらの患者さんのように今まで感じなかった症状が突然感じ、どうしたらいいか分からないときはお気軽にご相談ください。

お役に立てるようサポートしてまいります。

最後まで読んでいただきありがとうございます。感謝致します。

 

柔道整復師の施術は、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷(肉離れ)のみ保険適用になります。

その他の慢性的症状は、保険適用外として「整体」として自費で施術を行っております。

詳しくはお電話にてお問い合わせください。

 

当院の治療法DRTとは?

LINEでお問合わせ